1. Mission : 科学でスポーツのできないをなくす

私たちは、スポーツ分野において科学とコツを融合し、体にインストールすることで、誰でもスポーツができる世界を実現します。

現在、さまざまなテクノロジーが私たちの生活の中に浸透してきています。スポーツでも、ウェアラブルデバイスや動画を用いた姿勢推定技術が発展し、データを計測し可視化する事例も多く目にするようになりました。   しかし、動作を計測し、課題を把握したとしても、動作ができるようになるまでには高い壁が存在しています。

私たちは、着る運動神経デバイスを用いて、”どこでもリアルタイムで感覚的に正しい動きがわかる”技術を確立し、スポーツのできないをなくしていきます。

代表

顔_s.jpeg

代表取締役CEO

宮澤 留以

繊維工学 / 感性工学 / 生体計測

信州大学大学院 総合理工学部 繊維学専攻 修了

【経歴】

信州大学大学院修了後、新卒で繊維メーカーに就職し、新規事業のモーションセンシングウェアの研究開発、関連技術の特許出願に携わる。2021年より、ハードウェアスタートアップにて、生体指標の計測アルゴリズムの構築・検証からPoCの推進まで広く担当。2022年2月に株式会社sci-boneを創業。

2. プロダクト

着る運動神経デバイス

Untitled

感覚的なフィードバック

従来のウェアラブルデバイスでは、計測したデータの可視化に重点が置かれていました。しかし、動作の課題はわかっても、動作を改善するためにどうしたら良いかわからないため、高い壁が存在しています。私たちのデバイスは、感覚的に正しい動きを伝えることで、動作の直接的な改善を行います。

Untitled

デバイスの仕組み

上半身の背中と腰の2点で動作を計測し、その結果をもとに振動を制御していきます。着用者は、運動中に振動を介して感覚的に正しい動作がわかります。

アプリケーション

Untitled

いつでも簡単に好きなコツをインストール

自分のなりたい動きのコツをインストールすることで、専属のコーチがいなくても、動作を習得することをサポートします。