ヘルプセンターをご利用いただき、ありがとうございます。現在英語のページが混在しております。ご不便をおかけしますが、翻訳完了まで今しばらくお待ちください。

プロビジョニング解除されたユーザーからのコンテンツ転送

この記事の内容

この記事では、ワークスペースオーナーが、エンタープライズプランのワークスペースからプロビジョニング解除されたメンバーのコンテンツを転送する方法について概要を説明します。


ワークスペースオーナーがコンテンツを転送できる条件

プライベートページにコンテンツを残したまま、ユーザーが削除やプロビジョニング解除されたり、退出したりする場合があります。この機能を使用すれば、エンタープライズプランのワークスペースオーナーは、そのようなコンテンツを別のユーザーに転送して、簡単に復元できます。

備考: このプロセスは、ワークスペースを退出した後のユーザーのプライベートコンテンツに適用されます。現在のワークスペースメンバーと共有しているコンテンツは、転送できません

以下の場合、ワークスペースオーナーは、ワークスペースを最近退出したユーザーのプライベートコンテンツを再割り当てできます。

  • ユーザーは現在ワークスペースのメンバーではない(プロビジョニング解除された)

  • ユーザーはプライベートページを持っていた

  • ユーザーのプライベートページはまだ別のユーザーに再割り当てされていない

  • ユーザーがワークスペースのメンバーではなくなってから30日経過していない

  • エンタープライズプランのサブスクリプションのワークスペースである

コンテンツの再割り当て方法

  • 設定 にアクセスし、 メンバー セクションをクリックします。

  • 最近の退出 というタブに移動します。

  • プロビジョニング解除されたユーザー(最近退出したユーザー)について、そのユーザーのプライベートページの転送先を選択します。

  • 確認モーダルが表示されます。 プライベートページを転送する を選択して、プライベートページの転送プロセスを続行します。

  • プロビジョニング解除されたユーザーのプライベートページすべてが、転送先ユーザーのサイドバーに、新しく最上位のプライベートページにネストされた状態で表示されます。

備考: 再割り当てされたプライベートページを所有していたユーザーは、「最近の退出」リストにプライベートページの数が「0」の状態で引き続き表示されます。


フィードバックを送信

このコンテンツは役に立ちましたか?