ヘルプセンターをご利用いただき、ありがとうございます。現在英語のページが混在しております。ご不便をおかけしますが、翻訳完了まで今しばらくお待ちください。

データのインポート

この記事の内容

多くの方々はたくさんのアプリを利用し、データやドキュメント、メモが散在していると思います。それらの情報をインポートすれば、すべてNotionで一元管理できます 🚚


インポートの手順

  • Notionでは、次のファイル形式をインポート可能です。

    • プレーンテキスト(.txt)

    • マークダウン(.md または .markdown)

    • Microsoft Word(.docx)

    • CSV(.csv)

    • HTML (.html)

  • その他のアプリ(Confluence、Asana、Evernote、Trelloなど)からのデータインポートにも対応しています。

  • インポートするには、左側のサイドバーの下部にあるインポートをクリックします。

  • インポートウィンドウが表示され、移行するアプリを選択できます。アプリごとのインポート手順は下記をご参照ください。

備考:インポートはデスクトップまたはWebのみで可能で、モバイルでは対応していません。

アプリごとの解説

Confluence

Confluenceのワークスペース全体をNotionにインポートすることができます。

ステップ1:ConfluenceのスペースをHTMLでエクスポートする

  • Confluenceのワークスペースで、左上のサイドバーのスペース設定を開きます。

  • 上部のツールバーからコンテンツツールを選択し、そのすぐ下のツールバーからエクスポートを開きます。いずれも表示されていない場合、ワークスペースの管理者に権限の付与を依頼する必要があります。

  • エクスポートの形式からHTMLを選択し、次へをクリックします。

  • カスタムエクスポートをクリックし、コメントを含むのチェックボックスをオフにします。

  • エクスポートしたいページを選択します。この際、大容量の添付ファイルを含むページがあるとエクスポートサイズが大きくなり、手順が煩雑になるためご注意ください。

  • エクスポートボタンをクリックし、処理が終わるまで待ちます。ワークスペースの規模が大きい場合、しばらくかかる場合があります。

  • エクスポートが完了したら、Download hereをクリックしてエクスポートファイルを端末に保存します。

  • ダウンロードされたファイルはConfluence-space-export-XXXXXX.html.zipといったファイル名で保管されます。XXXXXXは数字の羅列です。

ステップ2:ConfluenceのスペースをNotionにインポートする

  • ConfluenceのコンテンツをインポートしたいNotionワークスペースを開きます。

  • サイドバー下部のインポートボタンをクリックし、ポップアップウィンドウでConfluenceを選択します。

  • ステップ1でConfluenceからエクスポートした.zipファイルを選択し、アップロードします。.zipファイルの解凍は不要です!

  • 「Uploading...」というメッセージに続き、インポートの進捗に合わせてステータスが表示されます。

  • インポートが完了すると、インポート済みコンテンツのページが開きます!


Evernote

EvernoteのインポートはすべてのデータをNotionにインポートし、構造体も保持できます。

  • インポートウィンドウからEvernoteを選択します。

  • Evernoteアカウントにサインインします。

  • EvernoteでNotionからのアクセスを承諾します。

  • Evernoteアカウントがリンクされたら、移動するノートブックの横にあるチェックボックスをオンにして、インポートをクリックします。

  • Evernoteのノートブックはサイドバーにページとして格納され、ノートはリスト形式のデータベースのアイテムとして保存されます。

  • 各ノートはNotion内の他の場所にドラッグアンドドロップできます。


Trello

Trelloのデータのインポートは、Notion内ですべて完結します。

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、Trelloを選択します。

  • Trelloアカウントにログインします。

  • Trelloボードをインポートするため、Notionからのアクセスを許可します。

  • Trelloアカウントリンクしたら、Notionに移行するボードをドロップダウンメニューから選択します。

  • 追加のボードをインポートする場合は、Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、 Trelloを選択して別のボードを選択します。


Google Docs

Google Docsでは、ファイルを個別または一括でインポート可能です。

個別インポート:

  • GoogleDocでファイル > ダウンロード > Microsoft Wordを選択します。

  • Notionでインポートをクリック、Wordを選択し、.docxファイルをアップロードします。

一括インポート:

  • ウィンドウ右上、チェックボックス上部に配置されている選択をすべて解除をクリックし、チェックを外します。

  • ドライブまでスクロールし、チェックボックスをクリックします。詳細設定からエクスポート対象ファイルを選択することも可能です。

  • 画面最下部の次のステップをクリックします。

  • 次のページで、エクスポートを作成をクリックします。

  • しばらくすると、対象ファイルのダウンロード可能なURLがメールで送付されてきます。ダウンロードするとzipファイルとして保存されます。

  • Notionでインポートをクリック、Wordを選択し、.docxファイルをアップロードします。

備考:NotionにはGoogle Docsを埋め込むことも可能です。


Asana

Asanaのデータも、Notion内の操作のみでインポート可能です。

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、Asanaを選択します。

  • Asanaアカウントにログインします。

  • Asanaボードをインポートできるように、Notionからのアクセスを許可します。

  • Asanaアカウントをリンクしたら、移行するボードとリストをドロップダウンメニューから選択します。

  • 追加のタスクをインポートする場合は、Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、Asanaを選択して対象を選択します。


Quip

残念ながら、Quipでは一度に複数ページをエクスポートすることはできません。しかし個別のインポートは可能です。

  • Quip上で、ページ左上にあるドキュメントアイコンをクリックし、Exportを選択します。

  • MarkdownもしくはHTMLとしてエクスポートします。

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、HTMLもしくはテキストとマークダウンを選択し、Quipからエクスポートしたファイルをアップロードします。


Dropbox Paper

Dropbox Paperでは、個別または一括でのエクスポートが可能です。

個別インポート:

  • Dropbox Paperで、画面右上のメニューからダウンロードを選択します。

  • Wordとしてダウンロードします。

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、Wordを選択して.docxファイルをアップロードします。

一括インポート:

  • Dropbox Paper上の、画面左下のメニューから作成したドキュメントをダウンロードを選択します。

  • Wordとしてダウンロードを選択すると、zipファイルとしてダウンロードされます。

  • ファイルを解凍し、Notion上のサイドバーからインポートをクリックします。

    Wordを選択し、.docxをアップロードしたら完了です。


Hackpad

Hackpadではすべてのファイルを一度にエクスポートできます。

  • Hackpadフィードの右側にあるExportをクリックします。

  • マークダウンとしてエクスポートを選択すると、zipファイルがダウンロードされます。

  • ダウンロードしたファイルを解凍し、Notion上のサイドバーからインポートを選択します。テキストとマークダウンを選択し、Hackpadからエクスポートしたマークダウンファイルをアップロードします。


Microsoft Word

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、Wordを選択します。

  • インポートする.docxを端末からアップロードします。


Microsoft Excel

  • Microsoft Excelで、コンテンツを.csvとして保存します。

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、CSVを選択します。

  • インポートする.csvを端末からアップロードします。


WorkFlowy

WorkFlowyではすべてのファイルを一度にエクスポートできます 👌

  • Helpの右側にあるドロップダウンの矢印をクリックします。

  • Plane textを選択し、クリックしてダウンロードします。

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、テキストとマークダウンを選択ます。Workflowyからエクスポートしたマークダウンファイルをアップロードします。


CSV

  • Notion上のサイドバーからインポートをクリックし、CSVを選択します。

    • インポートする.csvを端末からアップロードし完了です。

  • また、データベース右上の•••からCSV取り込みボタンを使用してCSVを既存のデータベースにインポートすることもできます。


よくあるご質問(FAQ)

どのバージョンのConfluenceがサポートされていますか?

Confluenceが2018年後半にリリースした新しいエディターを使用して作られたページで、Confluence Cloudからのインポートを正式にサポートしています。

インデックスエクスポートの不十分なデータにより、Confluence Serverからのインポートはサポートしていません。

以前のエディターからワークスペース全体をインポートする場合は、サポート(team@makenotion.com)までお問い合わせください。

インポートしたブロックは、チームプランのトライアルの1000ブロックの容量制限にカウントされますか?

いいえ、インポートしたブロックは容量制限にカウントされません。ただし、インポートしたページ内にあとから作成したブロックは、通常どおり容量制限にカウントされます。

Confluenceのインポートにサイズの上限はありますか?

Confluenceのインポートファイルは1回につき2.5GBに制限されています。

制限に達した場合は、カスタムエクスポートオプションを使用してエクスポートするページを選択してください。このとき、添付ファイルの多いページは除外することを推奨します。

Confluenceからインポートしようとする時、ファイルアップロードのウィンドウで自分のファイルを選べません。

必ず、Confluenceスペースのエクスポート機能で作成した.zipファイルをアップロードしてください。WordやHTMLファイルでは元の構造体やリンクを保持できないため、Notionへのインポートはできません。

Confluenceのワークスペースをエクスポートするオプションが見つかりません。

ワークスペースの設定の「コンテンツツール」セクションに「エクスポート」タブが表示されていない場合、ページをエクスポートする適切な権限を持っていない可能性があります。権限については、ワークスペースの管理者にお尋ねください。

Evernote China/Evernote Businessからインポートできないようです。

残念ながら現時点では、インポートは標準のEvernoteしかサポートしていません。ただいまサポートに向け取り組み中です!


フィードバックを送信

このコンテンツは役に立ちましたか?


次へ

コンテンツをエクスポートする

コンテンツをPDF、CSV、またはHTML形式で共有する必要がありますか?私たちはあなたをカバーしました! Notionページ、データベース、またはワークスペース全体をいつでもエクスポートできます📤