データのインポート

データのインポート: Hero
この記事の内容

多くの方々はたくさんのアプリを利用し、データやドキュメント、メモが各所に散在していると思います。それらの情報をNotionにインポートすれば、すべて一元管理できます 🚚

よくあるご質問(FAQ)に移動

  • Notionでは、次のファイル形式をインポートできます。

    • プレーンテキスト(.txt)

    • マークダウン(.mdまたは.markdown)

    • Microsoft Word(.docx)

    • CSV(.csv)

    • HTML(.html)

  • その他のアプリ(Confluence、Asana、Evernote、Trelloなど)からのデータインポートにも対応しています。

  • インポートするには、左側のサイドバーの下部にある インポート をクリックします。

  • インポートウィンドウが表示され、移行するアプリを選択できます。アプリごとのインポート手順は下記をご参照ください。

備考: インポートはデスクトップ版またはWeb版のみで可能で、モバイル版では対応していません。

Confluence

Confluenceのワークスペース全体をNotionにインポートすることができます。

ステップ1: ConfluenceのスペースをHTMLにエクスポートする

  • Confluenceのワークスペースで、右上のサイドバーの スペース設定 を開きます。

  • 上部のツールバーから コンテンツツール を選択し、そのすぐ下のツールバーから エクスポート を選択します。いずれも表示されていない場合、ワークスペースの管理者にエクスポート権限の付与を依頼する必要があります。

  • フォーマットの一覧から HTML を選択します。

  • カスタムエクスポート を選択し、コメントを含む のチェックボックスをオフにします。

  • エクスポートしたいページを選択します。この際、大容量の添付ファイルを含むページがあるとエクスポートサイズが大きくなり、手順が煩雑になるためご注意ください。

  • エクスポートの処理が終わるまで待ちます。ワークスペースの規模が大きい場合、時間がかかる場合があります。

  • エクスポートが完了したら、ダウンロード をクリックすると、エクスポートファイルがお使いの端末に保存されます。

  • ダウンロードされたファイルは Confluence-space-export-XXXXXX.html.zip といったファイル名で保存されます。XXXXXX は数字の羅列です。

ステップ2: ConfluenceのスペースをNotionにインポートする

  • Confluenceコンテンツのインポート先のNotionワークスペースを開きます。

  • 左側のサイドバー下部の インポート ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウで Confluence を選択します。

  • 先ほどConfluenceからエクスポートした.zipファイルを選択し、アップロードします。.zipファイルの解凍は不要です!アーカイブ全体をアップロードしてください。

  • 「アップロード中...」というメッセージに続き、インポートの進捗に合わせてステータスが表示されます。

  • インポートが完了すると、インポート済みコンテンツのページが開きます!


Evernote

Evernoteのデータを、構造体を保持したまま一括でNotionにインポートできます。

  • インポートウィンドウから Evernote を選択します。

  • Evernoteアカウントにサインインします。

  • EvernoteでNotionへの接続を承諾します。

  • Evernoteアカウントがリンクされたら、移動するノートブックの横にあるチェックボックスをオンにして、インポート をクリックします。

  • EvernoteのノートブックはNotionのサイドバーにページとして格納され、ノートはリスト形式のデータベースのアイテムとして保存されます。

  • 各ノートはNotion内の他の場所にドラッグ&ドロップできます。


Trello

Trelloのデータをワークスペースに移動させる場合、Notion内の操作だけで完結できます。

  • 左側のサイドバーから インポート に移動し、Trello を選択します。

  • Trelloアカウントにログインします。

  • Trelloボードをインポートするため、Notionへのアクセスを許可します。

  • Trelloアカウントをリンクしたら、Notionに移行するボードをドロップダウンメニューから選択します。

  • 追加のボードをインポートする場合は、Notionのサイドバーから インポート をクリックし、Trello を選択して別のボードを選択します。


Google Docs

Google Docsでは、ファイルを個別または一括でインポート可能です。

個別インポート:

  • ファイル メニューから ダウンロード をクリックし、形式として Microsoft Word を選択します。

  • Notionで インポート をクリックして Word を選択し、.docxファイルをアップロードします。

一括インポート:

  • Googleデータエクスポートにアクセスします。

  • ウィンドウ右上、チェックボックス上部にある 選択をすべて解除 をクリックします。

  • ドライブ までスクロールし、横のチェックボックスをクリックします。詳細設定 をクリックして移動対象ファイルを選択することも可能です。

  • 画面最下部の 次のステップ をクリックします。

  • 次のページで、エクスポートを作成 をクリックします。

  • しばらくすると、対象ファイルのダウンロード可能なURLがメールで送付されてきます。ダウンロードするとzipファイルとして保存されます。

  • Notionで左側のサイドバーの インポート に移動して Word を選択し、.docxファイルをアップロードします。


Asana

Asanaのデータをワークスペースに移動させる場合、Notion内の操作だけで完結できます。

  • 左側のサイドバーから インポート に移動し、Asana を選択します。

  • Asanaアカウントにログインします。

  • Asanaタスクをインポートできるように、Notionからのアクセスを許可します。

  • Asanaアカウントをリンクしたら、Notionに移行するボードとリストをドロップダウンメニューから選択します。

  • 追加のタスクをインポートする場合は、Notionのサイドバーから インポート をクリックし、Asana を選択して別のリストまたはボードを選択します。


Quip

残念ながら、Quipでは一度に複数ページをエクスポートすることはできません。しかし個別のインポートは可能です。

  • Quipで、ページ左上にあるドキュメントアイコンをクリックし、エクスポート を選択します。

  • マークダウンもしくはHTMLとしてエクスポートします。

  • Notionのサイドバーから インポート をクリックし、HTML もしくは テキストとマークダウン を選択して、Quipからエクスポートしたファイルをアップロードします。


Dropbox Paper

Dropbox Paperでは、個別または一括でのエクスポートが可能です。

個別インポート:

  • Dropbox Paperで、画面右上のメニューから ダウンロード を選択します。

  • Word としてページをダウンロードします。

  • Notionの左側のサイドバーから インポート をクリックし、Word を選択して、ダウンロードした.docxファイルをアップロードします。

一括インポート:

  • Dropbox Paperの画面左下のメニューから 作成したドキュメントをダウンロード を選択します。

  • Word としてダウンロードするように選択すると、zipファイルとして端末にダウンロードされます。

  • ファイルを解凍したら、Notionの左側のサイドバーから インポート を選択します。そこでWord を選択し、.docxファイルをアップロードします。


Hackpad

Hackpadではすべてのファイルを一度にエクスポートできます。

  • Hackpadフィードの右側にある Export を選択します。

  • マークダウンとしてエクスポートを選択すると、zipファイルがダウンロードされます。

  • ダウンロードしたファイルを解凍し、Notionの左側のサイドバーから インポート を選択します。テキストとマークダウン を選択し、Hackpadからエクスポートしたマークダウンファイルをアップロードします。


Microsoft Word

  • Notionの左側のサイドバーから インポート をクリックし、表示されたウィンドウで Word を選択します。

  • インポートする.docxファイルを端末からアップロードします。


Microsoft Excel

  • Microsoft Excelで、コンテンツを.csvとして保存します。

  • Notionの左側のサイドバーから インポート をクリックし、表示されたウィンドウで CSV を選択します。

  • エクスポートした.csvファイルを端末からアップロードします。


WorkFlowy

WorkFlowyではすべてのファイルを一度にエクスポートできます 👌

  • Help の右側にあるドロップダウンの矢印をクリックします。

  • Plain text を選択し、クリックしてダウンロードします。

  • Notionの左側のサイドバーから インポート を選択し、テキストとマークダウン を選択して、WorkFlowyからエクスポートしたファイルをアップロードします。


CSV

  • Notionの左側のサイドバーから インポート をクリックし、表示されたウィンドウで CSV を選択します。

    • インポートする.csvファイルを端末からアップロードします。

  • また、データベース右上の ••• メニューから CSV取り込み ボタンを使用してCSVを既存のデータベースにインポートすることもできます。


よくあるご質問(FAQ)

どのバージョンのConfluenceがサポートされていますか?

Confluence Cloudで、Confluenceが2018年後半にリリースした新しいエディターを使用して作られたページのインポートを正式にサポートしています。

Confluence Serverからのインポートは、インデックスエクスポートのデータが不十分なためサポートしていません。

以前のエディターからワークスペース全体をインポートする場合は、サポート(team@makenotion.com)までお問い合わせください。

インポートしたブロックは、チームプランのトライアルの1000ブロックの容量制限にカウントされますか?

いいえ、インポートしたブロックは容量制限にカウントされません。ただし、インポートしたページ内にあとから作成したブロックは、通常どおり容量制限にカウントされます。

Confluenceのインポートにサイズの上限はありますか?

Confluenceのインポートファイルは1回につき2.5GBに制限されています。

制限に達した場合は、Confluenceの カスタムエクスポート オプションを使用してエクスポートするページを選択してください。このとき、添付ファイルの多いページは除外することを推奨します。

Confluenceからインポートしようとする時、ファイルアップロードのウィンドウで自分のファイルを選べません。

必ず、Confluenceスペースのエクスポート機能で作成した.zipファイルをアップロードしてください。WordやHTMLファイルでは元の構造体やリンクを保持できないため、Notionへのインポートはできません。

Confluenceのワークスペースをエクスポートするオプションが見つかりません。

ワークスペースの設定の「コンテンツツール」セクションに「エクスポート」タブが表示されていない場合、ページをエクスポートする適切な権限をお持ちでない可能性があります。権限については、ワークスペースの管理者にお尋ねください。

Evernote China/Evernote Businessからインポートできないようです。

残念ながら現時点では、インポートは標準版のEvernoteしかサポートしていません。ただいまサポートに向け取り組み中です!


フィードバックを送信

このコンテンツは役に立ちましたか?