ヘルプセンターをご利用いただき、ありがとうございます。現在英語のページが混在しております。ご不便をおかけしますが、翻訳完了まで今しばらくお待ちください。

他のアプリの埋め込みと接続

チームのために埋め込む
この記事の内容

動画やオーディオプレーヤー、FigmaやInvisionのモックアップ、Googleドキュメントやスプレッドシートなど、ほぼすべてのオンラインコンテンツをNotionのページ内に埋め込むことができます。たとえば、マルチメディアのストリーミング、PDF、フォーム、インタラクティブなマップなども可能です 🦾

よくあるご質問(FAQ)に移動

  • 新しい行にカーソルを当てると左に表示される + をクリックし、 埋め込み または一般的な埋め込みの種類の1つを上記から選択して Enter キーを押します。

  • または、 /埋め込み/ の後にサービス名( /figma/maps など)を入力し、 Enter を押します。

  • 表示されるメニューで、コンテンツのURLまたは埋め込み用リンクを貼りつけます。

  • また、 /埋め込み を使用して、ご自分の画像やオーディオ、動画、ファイルをアップロードして表示できます。 アップロード を選択して、お使いのコンピューターからファイルを選択してください。

備考: ウェブサイトの中には、他の場所にコンテンツを埋め込むことを禁止しているものがあります。 読み込みに失敗しました というエラーが表示された場合は、これが理由です。

ほとんどのオンラインコンテンツをページに埋め込むことができますが、以下の特定の種類のメディアやよく使用されるアプリに対しては、それぞれ個別にブロックが用意されています。

  • Abstract

  • オーディオ

  • Codepen

  • Excalidraw

  • Figma

  • ファイル

  • Framer

  • GitHub

  • Googleドライブ

  • Googleマップ

  • 画像

  • InVision

  • Loom

  • Miro

  • PDF

  • Sketch

  • ツイート

  • Typeform

  • 動画

  • Whimsical

これらは / メニューか、新しい行にカーソルを当てると左に表示される + をクリックすることで追加できます。たとえば、ツイートを埋め込むために /tweet と入力したり、 /figma と入力してFigmaからデザインを埋め込んだりできます。

URLの埋め込みへの変換

多くの場合、埋め込み可能なURLをページに貼り付けると、Notionで自動的に認識されます。また、コピーした画像を貼りつけることもできます。

  • コンテンツのソースが提供する埋め込み用URLを貼りつけます。

  • 表示されるポップアップメニューで 埋め込み オプションを選択します。

埋め込みのサイズ変更と整列

ほとんどの埋め込みは、コンテンツやページの形式に合わせてサイズを変更できます。

  • 埋め込みにカーソルを当てると横に表示される黒いバーをドラッグします。

  • ドラッグ&ドロップを使用して、ページ内で埋め込みを移動させます。該当する埋め込みの上にカーソルを当てると ⋮⋮ アイコンが表示されるので、ハンドルとして使用してドラッグします。

  • また、埋め込みをドラッグ&ドロップで複数列の構成に整理することも可能です。

埋め込みのソースへのアクセス

埋め込み元には簡単にアクセスすることができます。

  • 埋め込みにカーソルを当てて オリジナル をクリックすると、ブラウザでそのソースが表示されます。

  • または、埋め込みの上にカーソルを当ると左に表示される ⋮⋮ アイコンか、右上の ••• をクリックすることもできます。

  • オリジナルを表示する を選択すると、ブラウザでソースのページが開きます。

埋め込みコンテンツの置き換え

プロジェクトが発展するにつれて、埋め込みコンテンツを更新する必要が出てくるかもしれません。オンライン上の他の場所から埋め込んだコンテンツも、ページに埋め込んで表示するためにNotionにアップロードしたコンテンツも、置き換えることが可能です。

  • 埋め込みの上にカーソルを当てると左に表示される ⋮⋮ アイコンか、右上の ••• をクリックし、 置換 を選択します。

  • メッセージが表示されたら、 リンクを埋め込む または アップロード を選択します。

  • オンラインサービスから新しいURLを貼りつけるか、新しいファイルを選択します。

備考: 埋め込みのソースに変更があった場合、その変更はNotionにも表示されます。

リンクプレビューは、同期化されたリンクをライブで視覚化してNotionで直接表示します。現時点では、以下のプラットフォームに対応しています。

  • GitHub

  • Jira

  • Slack

  • Asana

  • Trello

  • Zoom

プレビューとしてリンクを貼りつけ

  • 対応しているプラットフォームからリンクをコピーします。Notionに貼り付けると プレビューとして貼り付け のオプションが表示されるので、これを選択します。

備考: 特定のリンクやコンテンツが、プレビューに対応していない場合があります。たとえば、JiraのプロジェクトURLにはプレビューがありませんが、Jiraの課題URLにはあります。

  • 上記のプラットフォームからNotionに初めてリンクを貼り付けると、アプリへの接続を求めるボタンが表示されます。

  • ボタンをクリックして接続すると、ブラウザウィンドウにリダイレクトされます。そこで、アプリがNotionでコンテンツを表示するための認証と許可が求められます。

  • アプリで認証されると、リンクされたコンテンツの詳細プレビューがNotionで表示されます。このプレビューは、関連するフィールドに変更が加えられると、更新されます。

備考: 接続済みアプリを認証すると、Notionページを閲覧できるユーザーは誰でも、リンクプレビューとして貼り付けた対応コンテンツを見ることができるようになります。

場合によっては、情報が省略表示されます(例:Slackプライベートチャンネルのチャンネル名やDMなど)。

メンションとしてリンクを貼りつけ

プレビューに加えて、プラットフォームからのリンクをメンションとして貼り付けることができます。メンションはリンク先のコンテンツを簡略化して可視化します。

  • 対応しているプラットフォームからリンクをコピーします。Notionに貼り付けると メンションとして貼り付け のオプションが表示されます。

  • プレビューと同様に、対応するリンクをNotionに初めて貼り付ける時にはアプリを認証する必要があります。ボタンをクリックして認証ウィンドウを開き、必要な権限を付与してください。その後、リンクのメンションが表示されます。

ヒント: 他のテキストの隣に、直接インラインでメンションとしてリンクを貼りつけることができます。

Zoomとの連携

NotionがZoomミーティングのリンクプレビューに対応しました。またカレンダービューでZoomミーティングを週ごとに管理できます。定期的にZoomの招待が発生するプロジェクトに対して、ミーティングのURL情報をプレビューして、Notionからミーティングに直接参加できます。

  • ZoomミーティングのリンクURLをNotionのページに貼り付けます。

  • リンクプレビューと同じように、対応するリンクをNotionに初めて貼り付ける時にはアプリを認証する必要があります。Zoomに接続して更新 ボタンをクリックすると認証画面が表示されるので、必要な権限を付与します。

  • メンションとして貼り付け または プレビューとして貼り付け のオプションから選択できます。

  • 設定 から 接続済みアプリ に移動し、 削除 ボタンを押すことで、いつでもZoomアプリをアンインストールできます。

Googleドライブからの埋め込み

アプリから移動することなく、Notion内でGoogleドライブを検索し、コンテンツを埋め込むことができます。方法は次のとおりです。

  • 新しい行にカーソルを当てると左に表示される + をクリックし、スクロールしてメニューから Googleドライブ を選択します。

  • または /drive と入力して、 Enter キーを押します。

  • ポップアップメニューと一緒にブロックが表示されるので、埋め込みたいGoogleドキュメントやシートのURLを貼りつけるか、 Googleドライブを閲覧する をクリックして、Googleドライブからファイルを検索できます。

  • 複数のGoogleアカウントに接続して、複数のGoogleドライブからファイルを埋め込むことができます。

Googleカレンダーの埋め込み

GoogleカレンダーのGmailアドレスがNotionアカウントに使用しているものと同じ場合は、閲覧専用のGoogleカレンダーをNotionに埋め込むことができます。

  • Googleカレンダーの マイカレンダー で、埋め込みたいカレンダーの隣の「⋮」をクリックし、 設定と共有を選択します。

  • 予定のアクセス権限一般公開して誰でも利用できるようにする にチェックを入れ、 予定の表示(すべての予定の詳細) を選択します。

  • 勤務先のメールアドレスを使用している場合は、 チームが利用できるようにする オプションが表示される場合があり、これをオンにすることもできます。

  • カレンダーの統合 の下で、 このカレンダーの公開URL と書かれたボックス内のURLをコピーします。

  • そのURLをNotionに貼り付け、表示されるメニューから 埋め込みを作成する を選択します。

Slackとのインテグレーション

Notionのページに変更やコメントが加えられるたびに、Slackで通知を受け取ることができます。方法は次のとおりです。

  • 通知を受けたいNotionのページの右上にある「•••」メニューをクリックします。

  • 下にスクロールして、 Slackチャンネルに接続 をオンにします。

  • Slackにサインインすることを求められます。または既にサインインしている場合は、NotionとのインテグレーションをSlackに許可することを求められます。

  • ドロップダウンから、Notionに関する通知を受け取りたいSlackチャンネルを選択します。

  • Slackとの連携を設定したページ、およびその中の子ページに変更やコメントが加えられると、Slackに通知が届きます。

  • ページ単位で、NotionのページをいくつでもSlackとインテグレーションできます。

    • たとえば、様々なプロジェクトのために別々のSlackチャンネルを設定している場合であれば、各プロジェクトのSlackチャンネルと、それぞれのプロジェクトのNotionページを連携することができます。

ユーザー個人の接続アプリの管理

ユーザー個人として、接続アプリのアカウント認証をいつでも管理できます。

  • サイドバーにある 設定 メニューを開き、 接続済みアプリ をクリックします。リンクプレビューや埋め込みを認証したすべてのアプリのほか、まだ接続されていない他のアプリが表示されます。

  • 右上の すべて表示 をクリックすると、さらにアプリのオプションが表示されます。

  • 各アプリに対して複数のオプションが表示されます。その中の1つを選択して、初めてアプリを 接続 します。そうすると、アプリにリダイレクトされるので、Notionへの接続を認証できます。

  • アカウントに接続されると、そのアカウントの情報がアプリのアイコンとアプリ名の下に表示されるようになります。これで、 別のアカウントを接続 や既存アカウントの 接続解除 ができるようになりました。

ワークスペース全体での接続アプリの管理

ワークスペースレベルでアプリの接続設定を管理するには、管理者は直接、各プラットフォームの設定で権限を制限する必要があります。参考まで、現在の各接続アプリの解説ドキュメントへのリンクを掲載します。

備考: サードパーティーの埋め込みと接続済みアプリはすべて、弊社のプライバシーポリシーを遵守しています。プライバシーポリシーについてはこちら →


よくあるご質問(FAQ)

ページをアップデートしましたが、Slackの通知が届きませんでした。

通知が多すぎないように、5分遅れて通知されるように設定されています。それでもまだ通知されない場合はお問い合わせください。私たちがサポートいたします。

SlackのApp Directoryでインテグレーションを有効にしようとしているのですが、Notionのホームページに移動してしまいます。

混乱させてしまい申し訳ありません 🙈 SlackからはNotionとのインテグレーションを有効にすることはできません。このページの手順に沿って、Notion側で接続設定をする必要があります。

Slackとの接続を有効にしたとき、どのような権限が付与されますか?

NotionのSlackとの接続は、ページごとに設定されます。Notionワークスペースの特定のページに対してSlackチャンネルへの接続を有効にした場合、選択したSlackチャンネルにそのページの更新情報を公開するアクセス権がNotionに付与されます。

リンクプレビューのインテグレーションに複数のログインを追加できますか?

はい、できます!設定 → 接続済みアプリ にアクセスし、希望するインテグレーションの横の「別のアカウントを接続」を選択してください。

備考: アプリケーションの中には、ブラウザでの複数アカウントのログインに対応していないものもあります(例:GitHub)。その場合は、ブラウザでログイン中のアカウントをログアウトして、異なるアカウントでログインし直す必要があります。

提供されたリソースに基づいてプレビューに使用するアカウントが判断され、いずれも成功しなかった場合はエラーが表示されます。

リンクプレビューで「プレビューを読み込めません」のエラーが表示されます。

以下の手順に沿ってご確認をお願いします。

  1. そのリソースに対する正しいアカウントで認証されていることを確認します。

  2. あなたの組織でアクセスが制限されていないことを確認します。

  3. 接続済みアプリの設定メニューから、Notionのインテグレーションを削除します。また、GitHubJiraSlackAsanaTrelloなどの対応しているプラットフォームのインテグレーションを取り消すこともできます。

  4. 再びリンクプレビューをお試しください。

  5. 最後に、それでもうまくいかなかった場合は、サポートにお問い合わせください。アクセスが拒否されましたコンテンツが見つかりません に関するエラーについては、Notionで解決のお手伝いをすることはできません。サポートにお問い合わせの際には、以下の情報をお伝えください。

    • 使用しようとしているインテグレーション

    • エラーメッセージとエラーコード

    • プレビューしようとしているURL(可能であれば)

リンクプレビューで「アクセスが拒否されました」や「コンテンツが見つかりません」のエラーが表示されます。

2つの理由が考えられます。

  1. アクセス権を有するアカウントで認証されていない可能性があります。 設定接続済みアプリ 、またはエラードロップダウンから、複数のアカウントに接続できます。

  2. あなたの組織がサードパーティのインテグレーションやIPアドレスを介したコンテンツへのアクセスを制限している可能性があります。その場合は、ワークスペース管理者または組織の管理者に連絡し、Notionインテグレーションの承認を依頼してください。GitHubJiraSlackAsanaTrelloのインテグレーションの手順は次の通りです。

さらにご質問がある場合は、メッセージを送信してください。

フィードバックを送信

このコンテンツは役に立ちましたか?


次へ

APIインテグレーションの追加・管理

Notion APIを使用すれば、他のソフトウェアをNotionに接続してワークスペース内のアクションを自動化し、弊社パートナーが構築したインテグレーションにアクセスできます 🤖