ヘルプセンターをご利用いただき、ありがとうございます。現在英語のページが混在しております。ご不便をおかけしますが、翻訳完了まで今しばらくお待ちください。

カラム・見出し・区切り線

Columns, headings & dividers - hero
この記事の内容

Notionは、頭の中の考えを取り出してページに整理することを目的に作られています。一度作成したコンテンツは、並べ替えたり整理したり構造化したりして整理することができます 💭

よくあるご質問(FAQ)に移動

Notionでは、テキストを含むすべてのコンテンツブロックをページ内でドラッグ&ドロップで移動できます。テーブルの行や、ボード・ギャラリー表示のカードも同様にドラッグ&ドロップ可能です。

  • ブロックにポインタを合わせ、左側に表示される ⋮⋮ をクリックしたままドラッグします。

  • ブロックを移動する先には、青でガイド線が表示されます。(箇条書きやチェックボックスをネストさせる時にも便利です。)

  • マウスのボタンを離せば、ブロック・行・カード等がその場所に配置されます。

  • サイドバー内でのページの整理や階層化、セクション間の移動もドラッグ&ドロップでできます。

情報を隣同士に並べて表示させたいときには、ドラッグ&ドロップで情報をカラム(=列)に分けて表示させることができます。(テキストだけでなく、見出し付きのセクションを隣同士に配置することもできます。)

  • 列を分けて表示させたいコンテンツをクリックし、ドラッグします。(ブロックの左側の ⋮⋮ をクリックしたまま移動させます)

  • 移動先に表示される青色のガイド線に従い、配置したい先でドロップ(マウスのボタンを放す)すればカラムができます。

  • カラムはいくつでも作ることができます。

カラムの活用例です。

  • カラム機能はタブレットではご利用いただけますが、モバイルではご利用いただけません。モバイルでは、右側のカラムの内容は左側のカラムの内容の下に続けて表示されます。

カラムの解除

カラムを解除するには、カラムの作成と逆の操作をします。

  • 右側のカラムのコンテンツの左側にある⋮⋮アイコンをつかんでドラッグし、左側のカラムのコンテンツの上か下でドロップします。青いガイド線がページコンテンツの全幅で表示される場所でドロップすれば、カラム分けは解除されます。

  • 何もないカラムができてしまった場合は、そのカラムで⋮⋮アイコンが表示されるブロックを探して削除します。その列にブロックがひとつもない状態になると、カラム分けが解除されます。

ヒント: カラムの間にポインタを合わせた際にカラムの横に表示されるグレーの縦線をドラッグすることで、各カラムの幅を変更することができます。

表組みでコンテンツを表示する必要があるときには、シンプルテーブルをご利用ください。

  • 新しい行にカーソルを置くと左に表示される + をクリックし、テーブルを選択します。

  • または、「/」の後に「table」と入力し、Enterキーを押します。

  • 列を追加または削除するには、表の右端にカーソルを置きます。ボタンをクリックしてドラッグします。

  • 行を追加・削除するには、表の下部にカーソルを合わせ、+ボタンをクリックしてドラッグします。

  • また、右下の+ボタンをドラッグすると、行と列を同時に追加・削除することができます!

  • オプションメニューでは、行と列のヘッダーを切り替えて、ヘッダーに背景色を設定することができます。

  • ←→ をクリックすると、ページや列の幅に合わせて表を自動で調整することができます。

シンプルテーブルをデータベースへ変換する

シンプルなテーブルは、情報を素早く視覚化することができますが、シンプルな機能しかありません。フィルターやソート、特定のプロパティ値のタイプなどのデータベース機能が必要な場合は、データベースに変換することができます。データベースについての詳細はこちらをご覧ください。

  • シンプルなテーブルの上に表示されている ••• のメニューをクリックし、データベースに変換 をクリックします。

ヒント:シンプルテーブルとデータベースの選択にまとったときには、このガイドが参考になります。テーブルとデータベースを比較し、それぞれの使い方のベストプラクティスをご紹介しています。

大きさの異なる見出しを使えば、コンテンツの構造や文脈、優先度を表現することが可能です。Notionでは3つの見出しサイズが利用できます。

  • 新しい行にポインタを合わせると左側に表示される+マークをクリックし、表示されるメニューから設定したいサイズの見出しを選択します。(下図参照)

  • /の後に欲しい見出しサイズに応じてh1h2h3のいずれかを入力し、enterキーを押します。

  • マークダウンで記述する場合、見出し1は#、見出し2は##、見出し3は###を入力し、その後にSpaceキーを押します。

  • 見出しの内容を先に入力し、同じ行内でcmd/ctrl + /を押して設定したいサイズの見出しを選択すれば、テキストを見出しに変更することが可能です。

見出し・小見出しがたくさん付いた長編のドキュメントを作成しているなら、目次の利用がおすすめです。読者は目次で内容を俯瞰でき、目次をクリックすれば読みたいコンテンツへジャンプすることもできます 🙌

目次のしくみ

目次も実はNotionのコンテンツブロックの一種です。目次を追加すると、そのページにある見出し・小見出しへのアンカーリンクが自動的に生成されます。

  • H1見出しが最上位レベル、H2小見出しとH3小見出しはそれぞれ1段ずつインデントして階層構造で表現されます。

  • 目次のリンクをクリックすると、その見出しの位置までジャンプします。ジャンプ先の見出しは青でハイライトされた状態になっています。

備考: 目次はひとつのブロックであるため、セットで移動・複製・削除および書式設定されます。目次に表示されている文字列を変更したい場合は、元となっている見出し自体の文字列を変更してください。

目次を作成する

目次の追加方法は、他の種類のコンテンツブロック追加と同様です。

  • ブロックの左側に表示される+をクリックし、メニューの「アドバンスト」のセクションから目次を選択し、enterキーを押します。

  • /table of または/tocと入力すると、目次オプションがすぐに表示されます。

  • これでそのページの見出しがすべて網羅された目次が自動生成されます。

  • 目次ブロックは、ページコンテンツの作成より前に作っておくこともできます。目次を作成してすぐは空のブロックに見えますが、コンテンツを作り進めるにしたがって追加した見出しが目次となります。

コンテンツを明示的にセクションに分けたり、ページ構成をスタイリッシュにしたい場合などは、区切り線が便利です。

  • ブロックの左側に表示される+マークをクリックし、表示されるメニューから区切り線

    を選択します。

  • / + Div でも同様に区切り線のメニューを呼び出すことができます。

  • ---(半角ハイフン3つ)で自動的に仕切り線に変換されます。

  • 仕切り線は他のコンテンツブロック同様にドラッグ&ドロップで移動できます。


よくあるご質問(FAQ)

携帯やタブレットでコンテンツがカラムで表示されないのはなぜですか?

残念ながら、モバイルアプリではコンテンツを複数のカラムに分けて表示できません。この課題には、今後必ず取り組む予定です。

目次には、ページのインラインテーブルのタイトルは表示されますか?

いいえ。名前が付いたテーブルであっても、目次には反映されません。ただし、目次に表示される見出しをデータベースの上部に追加することは可能です。

個々の見出しに色をつけると、目次に色は反映されますか?

目次は常に一色です 🖌 色を変更することも可能ですが、変更するとその色が目次全体に適用されます。変更方法は次の通りです。

  • 目次の上にポインタを合わせると表示される ⋮⋮ アイコンをクリックします。またはそれを選択して、 cmd/ctrl + /を押します。または右クリックします。

  • 表示されるメニューから カラー を選び、ご希望の色やハイライトを選びます。

目次内のテキストを編集することはできますか?

直接は編集できません。目次で表示されるテキストを変更するには、ページ内の個々の見出しブロックを編集してください。

さらにご質問がある場合は、メッセージを送信してください。

フィードバックを送信

このコンテンツは役に立ちましたか?


次へ

コンテンツの複製、削除、復元

画像や埋め込み、ページ、データベースなど、Notionに追加したコンテンツは数回のクリックで複製や削除ができます。また、削除したコンテンツを復元したい場合の方法についても紹介します 🖇