ヘルプセンターをご利用いただき、ありがとうございます。現在英語のページが混在しております。ご不便をおかけしますが、翻訳完了まで今しばらくお待ちください。

カレンダー

Calendar View Databases (JA)
この記事の内容

カレンダーを使えば、データベース上のアイテムを日付に照らし合わせて可視化することができます。カレンダーなら、重要なリリース予定や複数日にわたるイベント、複数月におよぶプロジェクトまで、俯瞰的に見ることができます 🗓️


カレンダーを作成する

カレンダーは、設定された日付に応じてデータベースのアイテムが表示されます。カレンダー形式のデータベースを使用するには、日付形式のプロパティが少なくともひとつは設定されている必要があります。カレンダーをNotionに追加する方法は複数あります。

フルページカレンダー

  • ワークスペースに新しいページを作成します。

  • 作成したページにグレーの文字で表示されているメニューからカレンダーを選択します。

  • 他のページの中にフルページカレンダーを作成する場合の手順は以下の通りです。

    • 新しい行で/calendar fullと入力してenterキーを押します。

    • 元のページに戻ると、カレンダーが元のページにネストされた形になっています。

インラインカレンダー

文章やページなど、他のコンテンツブロックと並べてインラインカレンダーを追加することも可能です。

  • 新しい行で/calendarと入力してenterキーを押します。

備考:インラインカレンダーの右上の⤢をクリックすれば全画面で表示させることができます。また、カレンダーの上部にポインタを合わせると、オプションメニューが表示されます。プロパティ、フィルター、並べ替えオプションは ••• アイコンからアクセスしてください。

データベースのカレンダービュー

既存のデータベースにカレンダー形式のビューを追加することもできます。ビューの詳細はこちら→

  • データベース左上の+ ビューの追加ボタン、または閲覧中のビューの名前をクリックします。

  • ドロップダウンメニューからカレンダーを選択し、テキストボックスでビューの名前を付けます。

  • 作成をクリックすると、カレンダービューが開きます。

  • 先述の左上のボタンで他のビューに切り替えることが可能です。

カードをページとして開く

カレンダーのアイテムは1日または複数日にわたって表示されます。クリックすると、タイトルの変更やプロパティの設定、ページ内へのコンテンツの追加などができます。

  • カードをクリックするとページとして開きます。

  • カードはまずプレビューモードで開くので、左上の⤢ ページとして開くをクリックして全画面表示にします。

  • 開いたページの中には、データベースの全プロパティが上部にまとめて記載されています。

    • プロパティ名をクリックすると、そのプロパティの名称の編集と種類の変更ができます。

    • プロパティの入力欄をクリックすると、値の編集ができます。

    • プロパティの左側の⋮⋮をクリックして上下にドラッグすると、プロパティの表示順序を変更することができます。

  • カードをページとして開いたところから、+ プロパティを追加でカレンダーに新しいプロパティを追加することもできます。

  • プロパティの下にはコメント欄があります。

  • その下のページ本文部分は、通常のNotionページと同様に編集することができます。インラインデータベースを含め、お好きなコンテンツブロックを配置いただけます。

ページのカスタマイズ

ページとして開いた状態で、フォントの種類やサイズのほか、いくつか外観をカスタマイズできる箇所があります。

  • ページ右上の•••からページをカスタマイズを選択します。

  • バックリンクページコメントプロパティの外観を編集するメニューが表示されます。

    • バックリンクは、常に表示、またはクリックして展開のいずれかを選択できます。

    • ページコメントは、常に表示または非表示のいずれかを選択できます。

    • プロパティは、⋮⋮アイコンで上下にドラッグして並べ替えられるほか、表示方法を常に表示・常に非表示・未入力時は非表示の三種類から選択できます。

備考: バックリンクは、そのページへのリンクを張っているページの一覧が表示されます。詳しくはこちら→

新しいカードを追加する

カレンダーに新しいカードを追加する方法はいくつかあります。

  • 任意の日付の欄にポインタを合わせると表示される+マークをクリックすると、その日付に新しいイベントが作成されます。

  • カレンダー右上の青い新規ボタンをクリックすると、新しいアイテムがページとして開き、そこで日付形式のプロパティに入力した日付でカレンダー上にイベントが追加されます。

  • 作成したイベントは、複数日にまたがるよう期間を延長させることができます。対象のイベントの右端または左端にアイコンを合わせ、←|→のマークが表示されたらクリックしたまま任意の方向にドラッグします。

備考:データベースには、複数の日付プロパティを持たせることが可能です。(例:対応期限とローンチ日)このような場合は、カレンダー上部にどちらのプロパティの値に基づいたカレンダーにするかを選択するメニューが表示されます。

  • 日付形式のプロパティに値が入っていないアイテムがある場合、データベースの上部に日付なし[日付プロパティ]という表示が出ます。

    • 上記の例でいえば、日付なし[ローンチ日]日付なし[対応期限]といった表記になります。

    • これらをクリックすると、日付の入っていないアイテムを確認することができます。

カードのオプション

カレンダー上のカードを右クリックすると以下のオプションメニューが表示されます。

  • 削除:カードを削除します。

  • 複製:すぐ下にカードを複製します。

  • リンクをコピー:特定のカードへのアンカーリンクをクリップボードにコピーします。

  • 名前の変更:カードをページとして開かずにページ名を変更します。

  • 別ページへ移動:他のワークスペースやページに対象のカードを移動します。(移動先がページの場合は、移動先ではアイテムはサブページとなります。)

  • プロパティの編集:カレンダーのすべてのプロパティを含むメニューが表示され、そこから直接各プロパティの値を編集できます。

ヒント:複数のカードを同時に操作

ヒント:複数のカードを選択した状態で右クリックすれば、これらの操作を複数のカードに一斉に適用することができます。

カレンダーをカスタマイズする

カレンダーでカスタマイズできる箇所はいくつかあります。プロパティや見た目を変更してみましょう。

他の月を表示する

Notionのカレンダーはひと月ごとに表示される仕組みになっています。前後の月を表示させる方法は以下の2通りあります。

  • カレンダー右上のTodayの両脇にある<>をクリックします。

  • 下方向にスクロールするとカレンダー左上の年月の表示が翌月、翌々月...と進んでいきます。(ただし、上方面へのスクロールで過去の月を表示させることはできません。)

備考:カレンダーは最後に閲覧した箇所を記憶するようになっており、次回に開いた際は最後に閲覧されていた年月が表示されます。

プロパティを編集する

すべてのカレンダーは、作成されたプロパティの組み合わせで定義されます。プロパティは必要な数だけ追加することができます。カレンダープロパティの追加方法は以下の通りです。

  • カレンダーに新しいカードを追加し、開いたページで+ プロパティを追加をクリックします。

  • カレンダー上部のプロパティメニューから+ プロパティを追加をクリックします。

  • プロパティに名前を付けて、プロパティの種類メニューからプロパティ種別を選択します。

  • プロパティの削除や複製は、プロパティメニュー内で対象のプロパティの左側に表示される ⋮⋮アイコンから実施できます。

カードを移動する・期間を変更する

カレンダー上のカードは、ドラッグアンドドロップで移動できます。

  • カードをクリックしたままドラッグし、移動先の日付でドロップします。

  • カードの左右にポインタを合わせて←|→マークをドラッグすれば、複数日にわたるアイテムにすることができます。

プロパティの表示・非表示

カレンダー上でカードにどのプロパティを表示させるかを設定することができます。(例:優先度、担当者、タスク種別、など)

  • カレンダー上部のプロパティメニューを開き、カードに表示させたいプロパティの右側のトグルをオン、非表示の場合はオフに設定します。

  • カード上でのプロパティの表示順序も同じくプロパティメニュー内で設定できます。プロパティ左側の⋮⋮アイコンで上下にドラッグしてください。

カレンダーの切り替え

データベースに日付形式のプロパティが複数ある場合は、それぞれのビューを表示させることができます。

  • カレンダー上部に表示基準日[プロパティ名]というメニューが表示されます。

  • そこをクリックすると、カレンダーの表示の基準にする日付プロパティを切り替えることができます。

  • カレンダー右上の•••メニューから表示する日付を変更をクリックしても、同様に基準とする日付プロパティを切り替えられます。

カレンダーを月曜始まりにする

Notionカレンダーの週の始めの曜日は、ご利用の地域に応じて日曜日・月曜日のいずれかになります。設定変更も可能です。

  • サイドバーの設定から言語と地域を開きます。

  • 週の始めを月曜日にするのトグルを必要に応じてオン・オフします。

カレンダーを絞り込む

必要に応じて、指定した条件に合致するカードのみを表示させるよう絞り込みができます。

  • カレンダー右上のフィルターをクリックします。

  • ドロップダウンから、絞り込みに使いたいプロパティを選択します。

  • 絞り込み条件を指定します。(例:を含むを含まない、等)

  • 絞り込み条件に適用したい値を入力します。(例:特定のタグや日付)

  • 絞り込み条件は同時に複数設定することができます。

  • フィルターメニュー内でXをクリックすると、絞り込み条件を個別に削除できます。

カレンダーを検索する

カレンダー内の特定のコンテンツを検索することができます。

  • カレンダー右上の検索をクリックし、カード名やプロパティの値から検索したいキーワードを入力します。

  • 条件に合致するカードが自動的に絞り込まれます。

カレンダーへのリンクを張る

カレンダーの特定のビューへのアンカーリンクをコピーすることが可能です。

  • カレンダー右上の ••• アイコンをクリックします。

  • ビューのリンクをコピーをクリックすると、そのビューのURLがクリップボードにコピーされます。

テンプレート:Notionコミュニティによるカレンダーの活用事例をいくつか紹介します!


よくあるご質問(FAQ)

フルページデータベースをインラインデータベースに変えるにはどうすればよいですか?

フルページデータベースをサイドバー内でドラッグして他のページへ移動させると、移動先でまずサブページに変換されます。

次に、サブページになったフルページデータベースにポインタを合わせ、右側に表示される ••• ボタンをクリックして、ドロップダウンメニューのインラインに変換を使用すると、その場でインラインデータベースに変換されます。

フルページデータベースに戻したい場合は、インラインデータベースをドラッグしてサイドバーのトップレベルページに持っていきます。

データベースのどのページにコメントが含まれているのか知るには、どうすればよいですか?

データベースアイテムをページとして開いたところのディスカッション欄やページ本体にコメントが入っている場合、テーブルのそのアイテムの行にコメント件数がついた吹き出しのアイコンが表示されます。タイムラインでも同様ですが、テーブル部分を非表示にしている場合は吹き出しは表示されません。

NotionカレンダーとGoogle/Apple/Microsoftカレンダーをインテグレーションするには、どうすればよいですか?

弊社API(現在パブリックベータ)を使用して、Notionと外部プラットフォームをインテグレーションできます!方法についてはこちらの開発者向けサイトをご確認ください。

また、Notionアカウントで使用しているのと同じメールアドレスからであれば、閲覧専用のGoogleカレンダーをNotionに埋め込むことも可能です。

日付プロパティの日付形式のデフォルトを設定する方法はありますか?

残念ながら、現時点ではできません。将来的には実現したいと考えていますので、しばらくお待ちください🙏

カレンダーを日曜はじまりではなく、月曜はじまりにすることはできますか?

はい!地域によっては自動的にそう設定されていますが、左側のサイドバーにある設定言語と地域タブで手動で設定することができます。Notionアカウントのすべてのカレンダーに適用されます。

月単位のビューの代わりに、週/日/年単位のビューを表示する方法はありますか?

モバイルにはカレンダーで任意の日付をタップすることでアクセスできる日単位のビューがあります。また、時間から年までのタイムスケールで表示できるタイムラインビューを使用することもできます!

さらにご質問がある場合は、メッセージを送信してください。

フィードバックを送信

このコンテンツは役に立ちましたか?


次へ

ギャラリー

ギャラリービューは、ムードボード、オフィスディレクトリ、仮想レシピボックスなどのビジュアルコンポーネントを含むデータベースを表示するための最良の方法です🖼️