Canvas利用規約(以下「当規約」といいます。)は、IoTBASE株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するクラウドサービス(以下「当サービス」といいます。)の利用に関して、当社と当サービスを利用する法人および個人(以下「ユーザー」といいます。)との間の権利義務関係を定めるものです。当サービスを利用する際は、当規約の全文をお読みいただき、当規約に同意する必要がございます。

第1条(適用)

  1. 当規約は、当サービスの利用に関して当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的として、当社とユーザーとの間の当サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 当社が当社ウェブサイト上で掲載する当サービスの利用に関する条件、ルール、諸規定等は、当規約の一部を構成するものとします。
  3. 当規約の内容と、前項のルールその他の当規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、当規約の規定が優先して適用されるものとします。
  4. ユーザーが当サービスを利用することで、当規約に同意したものとみなします。

第2条(定義)

当規約におけるそれぞれの用語の意味は次のとおりとします。

  1. 「提携事業者」とは、当サービスの提供および利用のために必要であるとして、当社が契約している事業者をいいます
  2. 「IoT機器等」とは、当サービスの利用のために当社または提携事業者から提供されるセンサーを搭載したIoT機器、付属するSIM等の通信用備品、その他の機器をいいます。

第3条(利用申込)

  1. 当サービスの利用を申し込む者(以下「申込者」といいます。)は、当規約を遵守することに同意し、当社所定の方法にて申込を行います。
  2. 当社は、前項の申請を受け取ったときは、当社が定める基準に従い受付可否を判断し、申込を認める場合はすみやかに当該申込者に通知します。当該通知をもってユーザーとして登録され、当サービスを利用することが可能となり、申込手続きは完了いたします。
  3. 前項に定める登録の完了時に、サービス利用契約が当該申込者と当社の間に成立します。
  4. 当社は、申込者が、以下の各号に該当すると判断した場合は、申込を拒否することができます。この場合において、その理由について一切の開示義務を負いません。

第4条(ユーザー情報の変更)

  1. ユーザーは、当サービスの利用にあたり登録した情報に変更があった場合は、すみやかに当社所定の方法にて変更または届出を行わなければなりません。
  2. 前項の変更または届出がないために、当社からの通知または送付書類が延着し、または到着しなかった場合には、通常到着すべきときに利用者に到着したものとみなします。

第5条(ID、パスワードの管理)

  1. ユーザーは、自己の責任において、当サービスに関するIDおよびパスワードを適切に管理および保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をすることはできません。
  2. IDまたはパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって損害が生じた場合でも、当該ユーザーがすべての責任を負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

第6条(料金)

  1. ユーザーは、当サービスの利用の対価として、当社が別途定める利用料金を、当社が指定する方法にて当社に支払うものとします。なお、支払に要する手数料は、ユーザーの負担とします。
  2. ユーザーが前項の支払を遅延した場合は、ユーザーは年6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
  3. 当社以外の企業から当サービスの販売を受けた場合は、別途当該企業が定める利用料金を当該企業と合意した方法にて支払うものとします。

第7条(禁止事項)

  1. ユーザーは、当サービスの利用に関して、次の各号に掲げる行為を行ってはなりません。