はじめまして!

2021年9月からフロントエンドエンジニアとして入社したoreoです。実務未経験エンジニアとして入社して1ヶ月が経つので、入社に至るまでの経緯と働いてみた感想をまとめてみたいと思います。

【目次】

👉自己紹介

神戸生まれ、神戸育ち、社会人から東京に住んでいます。大学時代は、農学部と競技ダンス部に所属し、田んぼとダンスホールの往復をしていました。卒業後は新卒で商社に入社し、4年半ほどリスク管理業務を行った後、エンジニアリングスクールを経てiCAREに入社しました。

前職は「インスタントラーメンから飛行機まで」と言われる程、幅広い商材を扱う会社でした。その中で、私は木材、タバコ、マグロなどを扱う生活産業部門に所属し、与信管理や事業投資案件の社内PM(プロジェクトマネジメント)などを行いました。

大学、前職では、エンジニアとは無縁の生活を送っていましたが、初の転職でジョブチェンジをしました。

❓なぜ、エンジニアになったか?

前職で行なっていた与信管理業務は、アナログな部分が非常に多く、「ここ改善できないかー」と思うことが多々ありました。そんな中、たまたま参加した勉強会で、与信管理を自動化するツールに出会い、衝撃を受けました。

複雑な業務を自動化するプログラミングに将来性を感じ、強い興味を抱きました。また、当時の私は「コードって何??」程度の状態だった為、危機感を持ち、その日から独学でプログラミングの勉強を始めました。

最初は簡単なゲームなどを作り、自分で思い描いたものを具現化できるプログラミングに面白みを感じました。勉強を続ける内に、より本格的な開発経験を積みたい気持ちが日に日に強まり、G's ACADEMYというエンジニア・起業家養成スクールに通学しました。

G's ACADEMY は、「プログラミングを手段とし、世界を変えるようなサービスを生み出すこと」を目的としたスクールで、設立して6年程度ですが、スタートアップ界隈で活躍する数多くの起業家を輩出しています(私が衝撃を受けた与信管理自動化ツールもG's ACADEMY卒業生が生み出したものでした)。G's ACADEMY の卒業要件は、自分の力でオリジナルサービスを生み出すことです。卒業時には選抜制のピッチイベントが開催され、エンジェル投資家、VC、アライアンスや採用目的で参加する企業にむけて、自分のサービスをピッチすることができます。