本気の起業家と本気の投資家を繋ぐシードスタートアップ向けピッチイベント

目次

IVS-LPSEED-asao-edit.jpg

<aside> 🚀 IVS LAUNCHPADは、その名前が意味するとおり「まだ世に出ていないアーリーステージのスタートアップの飛躍を支える発射台になりたい」という思いで立ち上がったピッチイベントです。

初開催は2007年。2022年で15年を迎えました。これまでの通算エントリーは5,000社以上。過去に登壇した企業の60社がEXIT、10億円以上の資金調達を行い急成長を遂げている企業が35社以上あり、多くのスタートアップがIVS LAUNCHPADを発射台にして飛び立っていきました。

おかげさまで、IVS LAUNCHPADは「スタートアップの登竜門」とも呼ばれるようになり、歴史・規模ともに国内最大級のピッチイベントに成長したと自負しています。 IVS LAUNCHPADの唯一の応募条件は「サービスのデモが可能であること」。

前回の「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」では、過去最大の約250社の応募があり、「未調達」「エンジェルラウンド」「シードラウンド」の企業の応募がおよそ70%を占めています。また、予選を勝ち抜いて登壇をした14社のうち半数は、上記のステージに該当する企業です。

しかしながら、ここ最近は、優勝・入賞している企業に、すでに一定の実績を積んでいる企業が多い傾向が目立つようになってきました。門戸が広い一方で、プロトタイプが完成した段階での応募などがしづらい状況が生まれているとも感じています。

そこでIVSは、シードステージのスタートアップにフォーカスした新しいピッチイベント「LAUNCHPAD SEED」を開催することにしました。応募条件はシードステージのスタートアップであることのみ。

さらに、LAUNCHPAD FUNDでの、登壇が決まったファイナリスト企業への500万円〜2500万円の出資オファーを確約。私たち自身が登壇社の資金調達にコミットいたします。 *出資条件は個別に応相談 *出資を受け入れるかは各社の判断に委ねる *リーガル面などで重要な欠陥があった場合を除く

シードスタートアップの飛躍を支える新たな発射台となるLAUNCHPAD SEEDへの応募をお待ちしております。

</aside>

>エントリーはこちら

LAUNCHPAD SEEDの特徴

本気の起業家と本気の投資家を繋ぐピッチイベントです。ファイナリスト企業への出資オファーを確約することで、私たち自身が登壇社の資金調達にコミットいたします。

  1. 本気の起業家と投資家のネットワーキング
    1. 100名以上の投資家が参加
    2. 出資希望投資家の連絡先事後共有
    3. 投資家側から「繋がりたい」というリクエストが最も多い登壇者には表彰あり
  2. IVS2023 KYOTOとの連携
    1. 入賞者はIVS LAUNCHPADへの書類選考をスキップ
    2. 二次選考通過社はIVS京都にお得に参加できるクーポン付与
    3. IVS2023 KYOTOでもエキシビションピッチにおける6分間のピッチ機会提供
  3. 登壇までのピッチメンタリング
    1. 最終選考を通過した起業家には担当者1名がいつでも何度でもピッチ資料のメンタリング
    2. 過去登壇者の傾向から資料のブラッシュアップ
    3. 本番前に登壇者同士での事前ピッチでブラッシュアップを加速
  4. 登壇後も続く資金調達コミュニティ
    1. 次回開催予定のLAUNCHPAD SEEDにも参加でき、シリーズA以降の資金調達も効率的に!
    2. 同期、先輩、後輩の登壇者との交流で資金調達のノウハウをシェア

対象者

累計資金調達額5000万円程度以下 ※5000万円以上であってもシードステージと判断できれば他の企業と同様に選考させていただきます

発表するプロダクトのデモがある ※モックでも可能

本番までのスケジュール(予定)

1月6日(金) : 応募締切

1月16日(月)-18(水) : 二次選考 @Zoom