<aside> 💡 CULTAのメンバー募集に関するご案内です。一緒に農業の未来を創る仲間を探しています。

</aside>

はじめに / 事業について / 組織について / 募集ポジション / 気になった方は

はじめに


CULTAは、次世代の農業生産の環境整備を目指すAgTechスタートアップです。農業バリューチェーンの最上流である品種に着目し、育種(品種改良)の高速化に寄与する技術開発と自社品種の開発に取り組んでいます。

一般的に育種はイメージしづらい領域ですが、例えば多くの人々を飢餓から救った緑の革命は、新品種によって小麦の収量を3倍にしたイノベーションです。今後は気候変動に耐え得る品種やシャインマスカットのような収益性の高い新品種の作出が、国内外問わず求められることは明らかです。

育種最大の問題は、開発に多大な時間を要することです。私たちは植物に特化した画像解析による表現型取得技術とゲノム情報解析(ゲノミック選抜)技術によって、高速育種技術の体系化を目指しています。

植物の画像解析分野については、東京大学大学院農学生命科学研究科の研究室ならびに理化学研究所との共同研究を行っています。育種分野では、横浜市立大学との共同研究を行っております。また農林水産省試験場(現農研機構)で数多くのイチゴ・サツマイモ品種を育成した顧問が在籍しております。

事業について


自社育種

自社オリジナル品種の作出に取り組んでいます。この品種を生産者に提供し、収益性向上に貢献します。すでにイチゴ・サツマイモの育種に着手しています。

共同育種

弊社の画像解析技術やゲノム情報解析技術を活用し、種苗会社様や育種に取り組まれたい農業関連企業様と共同で育種するプロジェクトに取り組んでいます。

組織について


研究開発系メンバーを中心に8名で事業を進めています。東大総長賞受賞者など、優秀なメンバーが揃っています。

代表取締役 野秋 収平

1993年静岡県生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了。修士課程ではドローンを使用したリモートセンシングによる農地の土壌水分量推定に関する研究を行う。在学中はタイの農業スタートアップEmpag Pte, Ltd.にて海外農業調査及び農業専門メディア運営業務に従事。その後植物センシングスタートアップでの事業構築や仲卸業者での業務、農業生産法人での栽培管理や業務フロー改善、6次化支援業務等に従事。大学院在学中に株式会社CULTA設立。