2020年1月15日

Spring Boot 2系にあげたときにやったことをまとめようと思います。関連記事 今回は、Spring Data JPAの話です。Spring Boot 2.0.9.RELEASEに上げた話になります。2.2対応はまたいつか書きます。

依存しているライブラリのバージョン

Spring Bootのバージョンを1.5.22から2.0.9に上げると依存しているライブラリのバージョンが次のようになります。

Spring Boot 1.5.22.RELEASESpring Boot 2.0.9.RELEASE

DataSource

コネクションプールの変更

デフォルトのコネクションプールがTomcatからHikariCPになった。

カスタマイズしたDataSourceを利用する際はプロパティに気をつける

コネクションプールにHikariCPを利用してDataSourceをカスタマイズする際、urlでなく、jdbc-urlにする。参考 application.properties

app.datasource.jdbc-url=jdbc:mysql://localhost/test
app.datasource.username=dbuser
app.datasource.password=dbpass
app.datasource.maximum-pool-size=30
@Bean
@ConfigurationProperties("app.datasource")
public HikariDataSource dataSource() {
    return DataSourceBuilder.create().type(HikariDataSource.class).build();
}

X-RayでSQLトレースする際はHikariCPは使えない

X-Rayを使ってSQLクエリをトレースする際、org.apache.tomcat.jdbc.pool.JdbcInterceptorを実装したインターセプタを利用するため、HikariCPを依存関係から除外して、tomcat-jdbcを追加しなければなりません。参考

build.gradle

dependencies {
  implementation("org.springframework.boot:spring-boot-starter-data-jpa") {
          exclude group: 'com.zaxxer'
  }
  implementation "org.apache.tomcat:tomcat-jdbc"
}

pom.xml

<dependencies>
  <dependency>
      <groupId>org.springframework.boot</groupId>
      <artifactId>spring-boot-starter-jdbc</artifactId>
      <exclusions>
          <exclusion>
              <groupId>com.zaxxer</groupId>
              <artifactId>HikariCP</artifactId>
          </exclusion>
      </exclusions>
  </dependency>
  <dependency>
      <groupId>org.apache.tomcat</groupId>
      <artifactId>tomcat-jdbc</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Spring Data

PageRequest.java, Sort.javaのコンストラクタが非推奨になった