https://twitter.com/CoinGeckoJapan/status/1353924528322187265

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/cca59523-b676-4482-9f51-09a9ddedcd72/Untitled.png

2020年末、ビットコイン価格は急上昇し、マーケットの合計時価総額は最高値の7,320億ドルに達しました。

著名投資家や米上場企業(MicroStrategyやSquare)の参入が、強気相場を後押ししました。

https://pbs.twimg.com/media/EsoUVJaUUAA8vzT?format=jpg&name=small

2020年、トップ5通貨の中で最も高いパフォーマンスを出した通貨は $ETH(+472%)でした。 $BTC(+303%)や $DOT(+219%)などが高い上昇率でETHの後に続きますが、一方で $XRP は14%の上昇に止まりました。

https://pbs.twimg.com/media/EsoUgw0VcAA5KCL?format=jpg&name=small

市場シェアの観点でも、ETH(+3.6%)はBTC(+0.9%)を上回り最も高いシェア増加率を達成しました。

それでも、BTCのシェアは未だ73.7%と圧倒的です。

https://pbs.twimg.com/media/EsoUtmNU4AAA5y7?format=jpg&name=small

トップ5ステーブルコインの時価総額は439%成長し、流通総額は270億ドルに達しました。

Tetherは76%以上の市場シェアを誇り、依然として独占的な地位を維持しています。

https://pbs.twimg.com/media/EsoU07fUUAEPKbV?format=jpg&name=small

以下のスライドでは、2020年内に起こった注目イベントを時系列でまとめています。

パンデミックを要因とした3月の大暴落や、BTC半減期、Polkadotローンチ、Ethereum2.0ローンチ、BTCのATH、SECによるRipple社告訴など、昨年は沢山の重要イベントがありました。

https://pbs.twimg.com/media/EsoU9LQUUAA-EQ5?format=jpg&name=small

3年の時を経て、ビットコインはついに2017年の史 上最高値を更新し、年末はほぼ毎日のようにATH更新を続けていました。

昨年は、各国の対コロナ経済政策に対する不安によって、ヘッジ資産としてのBTCという認識が一層広がった年だったと言えます。

https://pbs.twimg.com/media/EsoVSZiU4AUoPLS?format=jpg&name=small

2016-17年の上昇サイクルは、2020-21年にも再度訪れるでしょうか?下図チャートを見比べてみましょう。

今回のサイクルにおけるビットコイン上昇の主要因は、以下3つである可能性が高いと考えられます。

  1. アクセスのしやすさ
  2. 緩和&インフレ
  3. 機関投資家の参入

https://pbs.twimg.com/media/EsoVjw2VEAEYVox?format=jpg&name=small

[価格リターン比較] ビットコイン vs 主要なアセットクラス

2020年、ビットコインのパフォーマンスは、株式インデックスや金、米ドル指数、原油などの様々な資産クラスのパフォーマンスを大きく上回りました。

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/f97b6da9-9ba8-4b5f-9a97-046456018055/Untitled.png