Give everyone on earth one source of truth for logic, language and information science.

戸次研究室では、数理言語学の研究をしています。数理言語学とは、数理モデルを用いて自然言語の構造を解明する学問です。主に、組合せ範疇文法(Combinatory Categorial Grammar)/依存型意味論(Dependent Type Theory)/圏論(Category theory)などを用いて言語現象(日本語の統語構造/照応・前提/談話関係/一般化量化子/モダリティ/慣習的含み/敬語/フォーカス/含意関係認識/日本語の機能表現/日本語のテンス・アスペクトなど)全体を統一的に説明する理論と、その背後にある構造を追究しています。

Introductions

[戸次研究室紹介](https://youtu.be/bEy6CyQ_aHE](https://youtu.be/bEy6CyQ_aHE)

2020年度戸次研・研究室紹介

新技術説明会@JST(2018年06月12日)

News


BekkiLab Official Twitter

📺 BekkiLab Official YouTube Channel

Lab


Bekkilab Members

📰 Publications

💰 Fundings

Books


(日本語研究叢書24) 日本語文法の形式理論 - 活用体系・統語構造・意味合成

数理論理学

Projects


[信頼されるAIシステム]2020年度採択課題 | CREST

Resources


DaisukeBekki/lightblue

DaisukeBekki/ccg2lambda

DaisukeBekki/JSeM