ポジション概要

このポジションでは機械学習エンジニアとしてdatagustoの開発チームに参加し、datagustoの機械学習基盤の開発・運用を担当いただける方を募集しています。

datagustoについて

datagusto | データで簡単、おいしい思い。

Vision

やりたいことを、すぐやれることに。

Mission

データと次なる一歩を、つないでいく。

あしたの来客数を予想する。見込み顧客を探す。提案に最適な商品を見つける。 やりたいことを始める前は、多くの場合「準備」というハードルがある。 その多くが分析や予測。どうやればいいのか。どうやればうまくいくのか。 データや数字があっても、うまく活用するためにはスキルや経験が必要だ。 だれもがやりたいことを、もっと手軽に、もっとスムーズに始められるように。 datagustoは、データと次なる一歩を、AI技術でつなぎます。 分析や予測は自動でパパッとできあがり。データに触れたことがなくても、 簡単においしい思いを味わえる。そして次なる一歩が、また別の一歩へとつながっていく。 やりたいことを始める前のためらいや障壁を、だれもがすぐ乗り越えられるように。 すぐ前へと踏み出せるように。datagusutoは挑戦し続けます。

SaaS型AI分析ツール「datagusto」について

「レシピ」と呼ばれる分析テンプレートをクリックするだけで、誰でも簡単に「何時に架電すればリードを獲得できるのだろうか?」といった現場の疑問への答えをデータから導出することができるサービスです。通常、「このお客さんには何時に架電すれば成功しやすいのだろう」という疑問の答えをデータから見つけるまでには、データ分析の要件定義から分析の実施、結果の活用まで様々なステップとそれにかかる知識・時間が必要です。datagustoを利用することで、誰もがステップ・知識なく、ダイレクトに答えをデータから見つけることができるようになります。今まで施策を考えるのに費やされていた時間を大きく削減することも可能です。

創業者の想い

datagusto創業のきっかけは、創業者の友人である一人のバイヤーのこんな一言でした。 「データ分析をしないと、来年何が売れるかわからず、でもグラフをたくさん作ってもわからない。家に帰れない」 その友人の本来の仕事は買い付けをすることなのに、そのための業務であるデータ分析が理由で家に帰れない。結果、本来やらないといけない仕事である買い付けに時間がさけない。ある判断をするために、データ分析をして、推計をだす。そんなとき、推計は自動調理器のようにAIがやってくれたらいいのに。 datagustoはそんな、データに詳しくない人が、むしろなにも知らない人が、自分の描いた分析(や結果)をさくっとして、判断して、次の一歩を踏みだして、gusto(よろこび)になれるように。そういう想いでdatagustoを創業しました。

datagustoというプロダクトは、「来年は何が売れるのか知りたい」と思ったとき、「このようなデータの準備から始めましょう」から「来年はこの商品が売れそうですよ」までを丁寧にサポートしつつも簡単な操作で達成できるという、まさに食材を入れてボタンを押すだけで料理が出来上がる自動調理器のような体験を提供すべく開発を進めています。この体験はAIや機械学習の最新技術が単にプロダクト上で使えるだけでは達成しえないと私達は考えています。利用者にとって一見難しい技術をいかに簡単かつ親しみのある形で提供できるか。私達が理想とするプロダクトへの挑戦は始まったばかりです。

募集背景

誰もが安心と親しみを感じるサービスを創りユーザに届ける

求める人材像