Googleタグマネージャーを使う方法

すでにGoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスがサイトにインストールされているという前提でガイドいたします!

※ もしもGoogleアナリティクスをGoogleタグマネージャーで連携されている場合には、 直接gtagを使うことができませんのでこちらの記事などを参考にGTMのdatalayerを使ってイベント連携ができます!https://qiita.com/ybiquitous/items/4083fa1c1bf163c07f4c

1. トリガーを作成しましょう

  1. 新規作成ボタンをクリック

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/d9bfb078-625c-418e-96f5-8ee09322653c/_2020-12-18_3.03.06.png

  1. ページ閲覧時をトリガーにして、保存

"一部のページビュー"を選択してフィルタリングすれば、特定のページだけターゲティングすることもできます

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/718bf780-5fd1-4a51-8928-ae167428b08d/_2020-12-18_4.20.25.png

2. タグを作成しましょう

  1. 新規作成ボタンをクリック

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/d40d0d32-7198-417b-b82a-32b2d3a90641/_2020-12-18_3.35.58.png

  1. 問い合わせの開始(チャットボットや接客チャットを開始)をイベントとしてGoogleアナリティクスでトラッキングするタグを作成しましょう

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/150b0dea-2e04-457d-92d8-4928cd397948/_2020-12-18_4.25.45.png

<script>
  ChannelIO('onChatCreated', function() {
    gtag('event', '問い合わせ開始', {'event_category': 'ChannelTalk','event_label': 'onChatCreated'});
});
</script>

event名やevent_category、event_labelは、御社に合った任意の値を入力してください