社会性

<aside> 🌏 2015年に設定されたSDGs(持続可能な開発目標)を含め、社会的課題解決に向けた動きが世界的に強くなっており、すでに世界中でその動きが加速しています。今後、経済活動は、売上や利益といった経済的成果と同じかそれ以上に、社会的課題の解決に挑む、「社会的インパクト」の考え方が大切です。

</aside>

icons8-down-100.png

VARIETASが「JISSEN-chi」を通してコミットする目標

<aside> 🌏 各項目におけるどのターゲットにコミットするのか、を明確に決めているので、もしご興味があれば、詳細をクリックしてください。

</aside>

Untitled

詳細

image (3).png

詳細

image (4).png

詳細

image (6).png

詳細

社会的課題の解決に向けた視点と視座

JISSEN-chiを運営する我々VARIETASは**「サービス提供者」ではなく「社会的インパクトを生み出すプレイヤー」**として、社会的インパクトのアウトカム(短期・長期的な成果)に向けた取り組み自体をポジティブなものにしていく視点を持つことに努めます。

そのため、わたしたちは、「社会的インパクト」を外部からの評価としてだけでなく、社会的インパクトを生み出す経営体制の構築にも挑戦しています。

社会的課題の構造化と社会的課題に対するのアウトカム(成果)の設定

<aside> 🌏 社会的インパクトを生み出すプレイヤーという視点と視座に立った時に「社会的課題の構造化」と「社会的課題に対するアウトカムの設定」が重要です。

社会的課題解決のためのメカニズム自体を構造化し、社会的課題に対するアウトカム(短期・長期的な成果)の設定するために、これまで2年間の実践の蓄積と、有識者の皆様・ステークホルダーの皆様との対話を繰り返し、社会的インパクトを生み出すためのロジックモデル (スーパーゴール・長期、短期アウトカムの設定)を現時点での解として構築しました。

</aside>

ロジックモデルの詳細はこちら

今後、ステークホルダーのみなさまと連携しながら、ロジックモデルをアップデートするとともに、「Friction 0」を通じた、ひとりひとりの人生のコアである、**"キャリア”**をより良くしていきます。

スーパーゴール(概観)

Untitled