例)バックエンドエンジニア_カスタマイズ部分のみ

「**引用するアウトプットがSpeaker Deckの例。実際のスカウトでは登壇記事のタイトル名が入ります**」では、CI/CDにおける課題定義から、その課題に対してGitHub ActionsとKubernetesを活用して解決されてきた様子が見て取れ、大変参考になりました。
弊社でもコンテナおよびGitHub Actionsを活用したデプロイフローを採用しており、今後はさらに開発や運用の自動化を進めていきたいと考えておりまして、○○さまのご経験をぜひ詳しく伺ってみたいと思っております。
そして、独自のkubectl pluginも実装されるなど、必要なツールをご自身で実装されている点も「コードを書き続けるインフラエンジニア」を探している弊社とまさにマッチしており、そういった部分からもぜひ一度お話の機会をいただきたいと思っている次第です!

例)SRE_カスタマイズ部分のみ

そんな中○○さまの情報をお見かけし、バックエンド開発やQAとしてのバックグランドをお持ちでありながら、現在はDevOps周りを中心に高いスキルをお持ちである点に惹かれ、お声がけをさせていただきました。コンテナでの開発を前提とした基盤開発を経験されていたり、CI/CDの知見をもとにCIのパフォーマンスに関する課題を解決するCIAnlyzerを開発されているなど、開発環境の改善に関し豊富なご経験をお持ちであるとお見受けしております。
そしてやりたいこととして「技術にこだわらずにプロダクトを良くすることに注力したい」と記載されている部分にも興味を持ちました。弊社のインフラにはCI/CD含め技術的課題がたくさんありますが、どの課題もプロダクトに直結しており、○○さまのご経験ややりたいことと一致しているのではと思っている次第です。