スクリーンショット 2022-04-21 9.31.52.png

Mikawaya SubscriptionとECAIはシステム連携済みです。

Mikawayaの顧客タグ情報を元に、LINEで下記のようなCRM施策を行う事ができます。

・お客様がLINE上で定期便の購入履歴の確認が可能

・単品購入者、定期便購入者ごとに分けてメッセージ配信やリッチメニューに切り分けが可能

・定期便購入者のうち「○回継続している人」「解約済みの人」「初回購入日から○日以上経過している人」などのセグメントでメッセージ配信を行う事も可能

5c31dd947fb63371e2504f05ceca7142.png

■単品購入→定期購入に繋げる方法例

① 商品購入後、サンクスページ、メール各種(注文完了、発送完了など)、同梱物
  にLINE友だち登録を誘導
↓
② 登録後に本人確認のためにメールアドレスを取得
↓
③ Shopifyと自動連携
 (お客様の購入情報とLINEの情報が紐づきます)
↓
④ 購入者には購入商品別に購入タグを付与してリッチメニューの変更(よくある質問、スタッフ紹介、商品開発秘話など)
↓
⑤-1 単品購入者に定期のオファー (アップセル開始)
 (【Mikawaya独自機能】※Mikawayaを使うことでLINE内で単品購入者か定期購入者か判別可能です)

⑤-2 購入情報をもとに様々なCRM施策を行う事ができます
  ┗アップセル:単品の方のみに定期案内
  ┗クロスセル:シャンプーのみの購入者にトリートメントをクロスセル
  ┗サポートコスト削減:使い方を自動応答で設置しサポートコスト削減
  ┗経費削減、環境への取組:同梱物をLINE誘導のカードのみにして印刷同梱物を減らす

ECAIのサービスページはこちら

↓↓↓

https://lp2.ecai.jp/

ECAIヘルプページ