(2022年10月12日更新)

<aside> 👉 在留資格更新申請の経費支弁者情報入力欄を改善しましたので、改善点及び使用法をご紹介します。

</aside>

以下は、改善点を中心とした使用法です。

1)申請者本人の預貯金による滞在費負担

スクリーンショット 2022-10-12 14.17.02.png

スクリーンショット 2022-10-12 15.09.15.png

スクリーンショット 2022-10-12 15.21.55.png

「経費支弁」タブの「支弁者を追加する」欄に、新たに「本人負担」という選択肢が追加されました。

申請者本人の預貯金によって滞在費を負担する場合に、「本人負担」を選択し入力します。

※アルバイト収入から滞在費を負担する場合は「本人負担(資格外活動)」を選択してください。

「本人負担」を選択すると、入力画面上で下記を入力できます。

申請書には、支弁額が「本人負担」欄に、資格外活動(アルバイト収入)とは別に表示されます。

また、22(3)の経費支弁者欄に、本人情報が表示されます。④年収は「預貯金残高」に修正されて表示されます。

2)外国からの送金または携行