<aside> 💡 このページは@nobu_meiが作成したNFT勉強会の資料です。

</aside>

公開範囲:一般公開

■作成者プロフィール

@nobumeinobumei自己紹介 はこちら

■ アジェンダ

アート、スポーツ、エンタメ領域で活用される新技術「NFT」

**2021年3月、美術展オークションハウスの老舗クリスティーズに出品されたbeeple氏の作品が75億円を超える価格で落札されました。**デジタル絵画に着いた価格としては過去最高額で後々の教科書に掲載されるレベルの出来事です。

アート領域でのNFT活用

beepleは10年以上毎日1つアート作品を制作し続けているアーティストでこの作品は彼が過去に作った作品を並べたコラージュ作品です。beepleというアーティストがこれまで培ってきた歴史を感じられる唯一無二な作品であることと、これがNFTになり世界に1つしかないことが証明されているためにこれほどの価格がつきました。

Beeple Everydays - The First 5000 Days 出典=クリスティーズのウェブサイトより

Beeple Everydays - The First 5000 Days 出典=クリスティーズのウェブサイトより

クリスティーズ, beepleのNFTがNFT史上最高額70億円超えで落札

The Wall Street Journal, beeple NFTが70億で落札された記事を掲載

有名な匿名画家バンクシーの作品も登場するも偽物の登場が早かったため偽物のほうが高額で売れる事態に。初期のNFTの混乱状況をよく表している事例だと思います。

偽バンクシーがNFTアート作品を1億円以上売り上げる 本物バンクシーの法定後見人は関与否定

本物のバンクシーも作品をNFTトークン化, 4千万で落札される

Rare ‘Alien’ CryptoPunk fetches $11.8 million in Sotheby’s auction

**Ethereum上で最初に発行されたNFTプロジェクトと言われているCryptoPunksがオークションハウスの老舗サザビーズで$11.8Mで落札された高額販売事例。**PunksのNFTは24×24のドット絵で構成され、様々な見た目をした1万枚のNFTが発行されており、見た目がレアなほど高額で売買されます

NewsPicksのまとめ

NewsPicksのまとめ

CryptoPunks とは

CryptoPunks$11.8 Mで落札されたアート

CryptoPunks$11.8 Mで落札されたアート

村上隆氏がRTFKTと組んでコレクティブをリリース!

現代アートの巨匠は、業界内でもトップクラスのスピードでNFT領域にも参入し多くの人が期待を寄せていました。当初はbeeple氏のように、自身のアートをNFT化して販売するのかと思われていたのですが、NFTブランドの**「RTFTK」のチームとの「CloneX」**というNFTを販売しました。

RTFKTについて:【miinのNFT辞典】RTFKT(アーティファクト)の歴史とブランド化戦略

参照: https://clonex.rtfkt.com/

参照: https://clonex.rtfkt.com/

Untitled

CloneXは2万体、3ETH/体で販売され即完。ETHが40万円とすると240億円の売上となりました。NFT最高峰のブランドと現代アートの巨匠とのコラボとのことで非常に注目されていたため、1体当たり100万円超えでも飛ぶように売れていったのですが、販売後にRTFKTの買収をNIKEが発表しCloneXの2次流通価格は跳ね上がることとなりました。

NIKE, Inc. Acquires RTFKT - ナイキがRTFKTを買収