その後もhideさんは、PV撮影や取材の現場、友人のミュージシャンのコンサートなどいろいろな場面に連れて行ってくれました。プロの仕事と、お酒の味をみっちり教えてもらいました。20歳を迎え、成人式を手荒く祝ってもらったのも良い思い出です。

そんな飲みの席では「こいつホームページ作れんだよ」と次々とレコード会社の方など関係者に紹介してくださり、まだホームページデザイナーが希少だった当時、いろいろなアーティストのサイト制作を受注しました。父親は銀行、叔父は証券、数学が得意だったこともあり、将来は金融方面かなと漠然と思いながら文系学部に所属する自分が、絵や歌は下手だけどクリエイティブな方向でもやれるんじゃないか?と思うきっかけになりました。

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/secure.notion-static.com/9aad55db-56ce-4980-b9ea-d14df1cfc758/FullSizeRender_3.jpg

当時最大の仕事は、もちろんhideさん自身のホームページの制作・管理。若干19歳にして「夢の仕事」を受注してしまったのだ。大晦日の東京ドームの楽屋で、翌日公開するホームページを本人に納品した時の興奮は忘れられない。

そんなhideさんとの仕事こそが、自分の原体験だ。

レコード会社やマネジメント会社にとってまだ完全に未知のモノであったホームページ。「こんなことやったら面白くないですか?」「最高!やろう!」とおもしろい提案を投げれば、それが実現してしまう。ほかの誰も介さず2人の関係性だけで、とんでもない速度で意思決定がなされ、インターネットを通じて世の中にアウトプットされ、反応を見て楽しみながら、次の一手をまた考える。

このスタイルで、今の自分の広告クリエイターとしてのスタンスが完成した。

1つはプロダクトやサービスそのものから逃げず、素材の良さを引き出しプロモートするという考え方。商品(=hide)に心の底から敬意を持って、全力でそれを応援したいと思っている。素材が100点だと信じているから、そこに余計なエッセンスを足すなんてことは不要で、どうストレートに伝えるかだけを考える。今も「広告自体」を面白くしたり、話題にすることなんて微塵も考えていない。愚直に「商品」と向き合い、ストレートに商品の持つ本質的な価値を伝えることを目指すクリエイティブ。この頃に磨かれた、企画をする時の基本スタンスだ。

もう1つはクライアントの意思決定者と直接やり合い、本音で議論をするという進め方だ。広告代理店在籍時には、これがいつでも可能という訳ではなかったが、クライアント企業のキーマンの方と二人三脚でやれるいくつかの幸運に恵まれた。このやり方が自分の能力をもっとも引き出すことができると信じているから、独立後は意思決定者と直接お仕事させてもらうことを仕事を選ぶ際の1つの条件としている。

しかし、そんな夢のような毎日は、突然、真っ暗闇へと墜落していきます。1998年5月2日、hideさんが永眠されました。