課題の背景と詳細

重厚長大産業におけるマーケットプレイスにおいては、広く一般に普及してきているSaaSにあるようなビジネスのメトリクス(churn rate、NRRなど)や成長の指標となるフォーミュラ・ベンチマーク(LTV>CAC×3、T2D3など)が存在しないどころか、顧客ファネルの切り方すら"The Model"のようなものは存在していません。

ベンチマークできる指標が殆どないので、事業運営をしながらトライアル&エラーを繰り返し、指標を創り上げていかなければなりません。また、自ら作り出したメトリクスによって自らを成長させ、またその成長によって新たなメトリクスを生み出していくサイクルが非常に重要なため、机上の空論の数字ではなく現場理解も不可欠です。

これは単に前例がない取り組みへの挑戦であるだけに留まりません。 変数が非常に多い重厚長大産業における新たなビジネスメトリクスの開発は、製造業以外のB2Bマーケットプレイスにおける業界構造の変革においても大きな意味を持っています。伝統的な重厚長大産業を変革する為の再現性あるビジネスメトリクス構築は社会的にも非常に大きなインパクトを与える歴史的な仕事と言っても過言ではありません。

担って欲しい具体的な仕事

・事業を構造化し再現可能にする ・そのメトリクスに基づき会社のグロースをあらゆる角度から行う

この課題に取り組む社内メンバー

現在では未だ誰も存在しません。

この課題に取り組んでみたい方はこちらの職種がおすすめ

経営企画/社長室 責任者

事業開発

兆単位プラットフォームへの10課題 一覧へもどる