<aside> 💡 このページではWeb3.0の視点から見たメタバースについて解説しています。

</aside>

【講義資料目次】 ←目次はこちら

前節までの内容で、Axie Infinityのトークンエコノミーを参考に新しいビジネスモデルが登場しつつあることを紹介しました。本節ではGameFi、NFTと並ぶバズワードとなった「メタバース」をWeb3.0の観点から見ていきたいと思います。

Web3.0 = メタバース?

2021年の年末頃、Facebookが社名をMetaに変更した事によって「メタバース」がバズワード化しました。時を同じくして、ブロックチェーン業界がその名前をWeb3.0にリブランディングし始めたタイミングであったので、よくわからないもの同士が合わさって、Web3.0 = メタバースぐらいの論調の記事も多く見られ、メタバースを謳うプロジェクトのNFTやFTの価値が高騰することとなりました。

参考:[Daily Topics]Facebookが社名をMetaに変更、メタバースに本気で参入

メタバース上の土地の累積販売数 | Messari

メタバース上の土地の累積販売数 | Messari

Web3.0の文脈からメタバースといえば、DecentralandやSandboxなどが有名であり、3D空間上の土地がNFT化され高額で取引されています。Axieもゲーム上の土地をlandとして販売しているのでメタバース銘柄として数えられることもありますが、これが「メタバース」なのか。という点には疑問が残りつつも、各銘柄はトレンドに乗って高い時価総額を付けているのが現状です。

メタバース銘柄の市場規模 | CRYPTORANK

メタバース銘柄の市場規模 | CRYPTORANK

当時はメタバースを謳えば株やトークンが高騰し時価総額が上がるものとしてWeb3.0業界以外でもメタバースを連呼していたため、メタバースの定義や捉え方について激論が繰り広げられました。

この流れを受けてかは知りませんが、日本ではゲーム開発大手バンダイナムコが15億円の投資参入を決定しています。桁が足りていると良いのですが。。。

参考:バンダイナムコグループ、IPごとの「メタバース」開発を表明。仮想空間の中で、バンナムIPのエンタメを楽しめる - AUTOMATON

本書で扱うメタバース

筆者の経験としても、当時の上司や偉い人が、「これからはメタバースや!」と頭空っぽ発言をし始め大いに迷惑を被りました。メタバースというコトバが一人歩きをしすぎたせいであらゆるものがメタバースと紐付けされこのようなミームも生まれました。

メタバースの踏み絵に使えるミーム画像

メタバースの踏み絵に使えるミーム画像

この画像は上司がメタバースと言い始めた時に「どのメタバースですか?」と確認する際に大変便利です。上の方がそれっぽいコトバが並んでいますが、下はポルノやポテトもメタバースに加えられており、「いやいや、Potatoってなんやねーん」とツッコミが来たところで「どの話ですか?」と聞くことで無駄な会話を減らすことができます。もし、答えられなかったら雰囲気だけで喋ってるだけなので無視していいでしょう。上司が頭ポテトバースになっているかいないかの踏み絵としてこちらの画像は非常に便利だと思いますのでぜひご活用ください。

この画像でネタにされているように、メタバースは様々な要素を含むため、会話をしていて認識のズレが多く発生しやすい言葉です。以下はメタバースをめぐる共起語分析の結果ですが、右上のCrypto領域や左下のVR領域など、人により連想する世界観は異なります。

メタバースのキーワード分析 | ソース

メタバースのキーワード分析 | ソース

メタバースの理想はReady Player Oneの映画のような世界であると筆者は想像していますが、現実と共通の通貨が使えて、希少なアイテムが扱えるあの世界にブロックチェーン技術は必要ですし、圧倒的な没入感を提供してくれるVR技術も必要です。

Ready Player Oneの世界は様々な要素技術の複合技で実現する世界であり、それぞれの業界ごとに最先端の事情や現時点で実現可能なレベルは異なるため、現在はそれぞれの別の手段で理想の実現を目指しているような肌感があります。いずれこれらの要素技術は混ざり合い、理想は達成されるものと思いますが、現時点においてはそれぞれの業界が分断されているというのが実情です。